Back number


1月31日 聖歌合唱コンクール

聖歌合唱コンクールの本番が講堂で行われました。中学1年生にとっては初めての、そして高校2年生にとっては最後の合唱コンクールとなります。生徒全員が一人ひとりそれぞれの思いを持って臨んだと思いますが、全ての学年、クラスがこれまでの練習の成果を思う存分発揮して、すばらしい歌声を聞かせてくれました。コンクールの後、サクソフォーンとピアノのユニットのお二人によるゲスト演奏会が行われました。校長先生の講評の後、優勝、準優勝のクラスに、カップ、表彰状が渡されました。生徒のみなさんにとってまたひとつ思い出ができたと思います。

  
  
  
  
  
  
  
  
  


1月25日 剣道部新人大会

平成27年1月25日(日)岸和田総合体育館で第61回大阪高等学校剣道新人大会が行われました。女子団体戦79チーム出場において、4回戦で残念ながら敗退となりましたが、強豪校が集うこの大会でベスト16となり、よく健闘してくれたと思います。学ぶことがたくさんあった試合でしたが、チームもまとまりつつあります。感謝の気持ちを忘れることなく、練習を続けていきたいと思います。

  


1月23日 高3学年末考査最終日

今日で、高校3年生の学年末考査が修了しました。 すべてのテストが終わってほっとしているのか、生徒は満面の笑みを浮かべていました。 卒業式まであとわずかです。残り少ない城星ライフをエンジョイしてください。

  


1月21日 高校合唱リハーサル

6時間目、高校の合唱コンクールのリハーサルが行われました。出場する高校生のすべてのクラスが集まってのリハーサルです。いつもの練習の雰囲気とは違い、緊張しながら生徒たちはリハーサルに臨んでいました。このリハーサルで改善すべき点は改善し、良かった点はさらに良くなるよう、本番当日まで練習を重ねてほしいと思います。

  


1月20日 高校テスト

本日から高校3年生の学年末考査が始まりました。城星学園で学んだ3年間の集大成です。全力でテストに臨んでほしいと思います。
高1・高2の生徒たちは実力テストです。3学期は1年間のまとめの時期です。この1年間、どのように勉強に取り組んだのか、成果として現れると思います。これを機会に、勉強に対する取り組みを真剣に考えてほしいと思います。

  


1月19日 高3球技大会

高校3年生にとって最後の行事、球技大会が行われました。日頃受験勉強にいそしんでいる人たちもこのときばかりは、大きな声を出し、夢中でドッジボールを楽しみました。少々運動不足なのか、思ったようにボールが投げられなかったりボールをかわすことができなかったりしましたが、みんな楽しそうでした。結果はB組が優勝。賞状を受け取り、満面の笑みです!

  


1月17日 中学入試

本日は中学校の入学試験です。寒い朝でしたが、受験生と保護者のみなさまが元気に登校してくださいました。入試に関する注意事項の説明の後、受験生のみなさんは試験会場に引率され、9時から入学試験が始まりました。全員がこれまでの努力の成果を発揮されることを祈っています。



1月15日 阪神淡路大震災から20年

今年は阪神淡路大震災から20年の年です。各団体や市町村でもこの20年間を振り返り、亡くなった方への鎮魂、復興の歩みの確認が行われています。現在の生徒には生まれる前の出来事となってしまいました。
今日の講堂朝礼では、校長先生からお話があり、その後復興についてのDVDを見ました。この機会に周りの経験された方にお話を聞いてみてください。そして、語り継いでください。

  
  


1月14日 合唱コンクール中学リハーサル

6限に中学合唱リハーサルを行いました。各学年、修正していかなければならない点など確認できたと思います。本番に練習の成果が発揮できるように、悔いの残らないように最後までがんばりましょう。

  


1月12日 成人式

本日は、成人式で学校自体はお休みでしたが、この日晴れて成人となった卒業生49期が学校でお祝いを行いました。ここ数年、この日に卒業生が集まるようになっていますが、今年度は41名の新成人が母校に戻ってきてくれました。久しぶりの再会を喜びあい、和やかな雰囲気で会は進められました。会の後半には小聖堂にてお祈りも行い、聖歌や主の祈りを懐かしく思いながら皆で唱えました。彼女たちがより大きく成長し、また戻ってきてくれる日を心待ちにしています。また、保護者の方も何名か来校いただきました。お嬢様の成長を心よりお祝いしたいと思います。

  
  


1月8日 第3学期始業式

3学期の始業式が始まりました。3学期は1年間で一番短い学期です。校長先生の話にもあったように、具体的な目標を立てて1年間のよい締めくくりができるようにしてほしいと思います。